女性

自律神経失調症は生活リズムや食生活を整えると改善効果あり!

免疫パワーでがんを治す

看護師

副作用の心配が少ない治療

現在、がん治療においては放射線療法・外科手術・抗がん剤の投与が三大療法と呼ばれ、広く行われています。これらの治療法には長い歴史があり、実績も確かです。ただ、その一方で体力を奪ったり他の健康な細胞にもダメージを与えたりといった副作用を伴うという課題があります。そんな中、身体への負担が非常に軽い点から近年になって人気を集めているがん治療法があります。それが免疫細胞治療です。免疫細胞治療は、人体にもともと備わっている免疫機構を利用してがん細胞を取り除くことを目的とした治療技術です。まだ歴史が浅いことからその効果が完全に実証されているわけではありませんが、上記の既存の治療法とも併用できることから利用者は増加傾向にあります。

患者自身の細胞を活用

免疫細胞とは白血球の一種であるリンパ球を主体とした細胞群のことで、細菌やウイルスなど体内に入り込んだ有害物質を見つけ出し、無害化するという働きを持っています。そして免疫細胞の中には、がん細胞を攻撃する能力を備えたものもあります。この免疫細胞の力を利用したのが、免疫細胞治療です。患者の体内から免疫細胞を採取し、それを特別な環境のもとで活性化させてから再び体内に戻します。つまりこれまでがんの増殖が免疫細胞の攻撃能力を上回っていたのを逆転させることで、がん細胞を減少させるわけです。免疫細胞治療は、患者の全身状態ができるだけ良い状態のうちに治療を開始するのが望ましいとされています。したがって今後は初期のがん治療に対する有力な選択肢の1つになっていくものと考えられています。